内容紹介(著者より)

これまで誰も書かなかった霊的な真実、守護霊や指導霊、再生や地獄、人間と神霊の関係など、人々が本当に知るべき大切な事を書いています。

 

実は、本書は随分と前に書かれた原稿を元にして書き換えたものです。

当初はいわゆる自動書記で書かれたもので、霊魂が書いたというべき原稿でした。

 

ですが、その内容は難しく、読者が読んでも理解できないと思われました。

なぜならば、高貴で偉大な霊魂が主導して書かれていた為に、この世の言葉になりにくい部分が多く、それをあえて文章にした為に、暗号のような文章すら書かれてあったからです。

これでは、読者は理解できません。

 

ですが、本来の意味を消さない為には、仕方がないのでした。

譬えて言えば、味の説明をする時、どんな言葉を使うよりも実際に食べてみた方が良く分かります。絶景を表現するのに、言葉を失い、適切な言葉が出てこない事があるのと同じです。

霊的な事を表現しようとしても、この世の言葉には限界があるのです。ですが、それでは読者には内容がまるで理解できません。

 

そこで、著者は考えました。

理解しにくい本を二冊に分け、テーマを分けて理解しやすいように書き換えたのです。

 

本書はその一冊目です。

 

二冊目は、人間の魂とか、霊とか、霊魂とか、神霊とか、難しい事柄をテーマにしていますので、本書よりも少し難しいかもしれません。

 

ですが、それでも随分と分かりやすくなったと思います。

その分、カットされた内容もありますが、それは仕方がありません。

 

一冊目の本書は、人間という霊的な生命体が物質の世界に生まれ、死後の世界へ行ったり、再生したりして複雑な生命になっていく過程、守護霊や指導霊の登場、更には、人間という霊魂の立つ位置、そうした事を説明していて、物語的で分かりやすい本にしています。

本書を読めば、霊的世界における人間という存在の現実が分かると思います。

 

本書の製作に協力してくださった大勢の霊魂方に感謝します。

 

リンク画像 リンク画像

 

特集 【二本足の霊魂-人間と霊魂の歴史-】

購入者レビュー

・高級霊魂からの通信とのことで、読ませていただきました。
人間と霊魂の歴史について、もっと知りたいと思いました。

 

・人間の霊的な意味での歴史を知ることのできる貴重な書籍。
続きがあるとのことでそちらも楽しみです。

 

・二本足?人間のこと?と読む前は「なぜこんな表現なんだろう」と少し不思議でしたが、読んでいるうちに、それが一番しっくりきました。そうでない、そうならなかった人の霊魂がいたのだと、本書の中に書かれているすべてのことが、驚きの連続でした。

 

・これまで聞いたこともないぐらい途方もなく大きな視点からの、全人類に向けた問題作です。

 

・この著者は霊媒ですが、他と違いかなり信用できます。

著者の他の書籍を読んでまいりましたが、それはこれまで読んできた霊に関することとは一線を画した大変な内容です。

全て具体的に記されてあります。

なのに霊媒であるご自身を誇示せず、ただ淡々と霊魂からの言葉を述べています。

これは人間視点ではない、真実だ、と思いました。

 

目次

新刊;二本足の霊魂

<目次>

はじめに


第1章 物質の世界 へ
1 動物の霊魂
2 新しい生命体
3 出産

4 老化

5 死


第2章 霊魂の世界 へ
1 異なる環境
2 先住民
3 先住民との和解

4 安住の地

5 再生

6 霊的なカルマ

7 苦悩


第3章 物質の世界 で
1 苦しみ
2 飢餓
3 戦争

4 政治

5 男女


第4章 再び霊魂の世界 へ
1 つらい世界
2 争い
3 地獄

4 天国

5 各地の事情


第5章 最初の降臨
1 救いのために
2 キリスト
3 妨害者の出現

4 霊魂集団

5 下層の霊魂達の喜び


第6章 霊魂団の活動
1 守護霊
2 補助霊

3 指導霊

4 人材

5 宗教

 

第7章 人々の意思

1 教え

2 人々の決断

3 悪魔伝説

4 霊魂の世界の協議

5 霊魂達の困惑

 

第8章 六名の大天使

1 時代の変化

2 二人目のキリスト

3 新しい文明

4 狭まる世界

5 下層の霊魂達の勢い

 

第9章 巨大な敵

1 キリストの敵

2 神霊と人間

3 人間という存在

4 人間を消滅させるべき?

5 人間の価値

6 勝てない戦い

 

おわりに

 

著者について

霊媒:水波一郎(みずばいちろう)師

 

霊魂学、霊的修行法、霊術の研究家。指導のための会、契山館を主宰。

 

現在発売中の著書に『神伝禊法』、『霊魂は居ると思いますか?』、『幽体の悲劇』、『神体』、『霊魂イエス 上・下巻』『真実を求めて』『死後の世界で恋をして』『ネコの死後はどうなるの?』『神伝鎮魂法』『指導霊』他(以上、アマゾン発売)がある。

 

監修HP「霊をさぐる」、「たましいの帰り道」現在、霊魂学と霊的修行法の会、契山館を主宰。

 

【霊をさぐる】

http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/

【たましいの帰り道】

http://web3.incl.ne.jp/kaede/index.html

 

Copyright(c) 2015 Keizankan Kouhoubu. All Rights Reserved. Design by http://www.kouhou-keizankan.jp