・人間の死とは

医学的な死の判定基準は臓器移植の観点から変化しているようですが、基本的に心肺停止や脳の活動が停止したりすると、人間の「死」として捉えています。

 

霊魂学においては、医学とは異なります。

 

肉体とダブった幽体、死後使用する身体が肉体から完全に離れて戻ることが出来なくなった状態を「死」と捉えます。

 

臨死体験のように死んだような状態から蘇生したのであれば、幽体が肉体に戻れる状態であったといえます。霊的には死んでいたとは言えないのです。