霊魂学カフェテリア Vol. 10 - March 2016

◆◇*◆◇*◆◇*◆
  霊魂学カフェテリア
◆◇*◆◇*◆◇*◆
   March 2016

人間ってほんとは何なの?
私たちの正体って何?
----------------------------

霊魂学カフェテリアへようこそ!

霊魂学の耳より情報を、
新しい風に乗せて、お届けします!

♪ほんの少しの時間、
ひと休みしていってくださいね♪

 

【目 次】
(1)ごあいさつ
(2)霊魂学を読もう!
(3)霊魂学を学ぼう!
(4)Q&A 聞いてみよう
(5)スピリチャット
(6)もっと探索-ご案内
(7)編集後記

 

■■ ごあいさつ

春一番が吹き、まだまだ冷え込む日が続いているようですが、皆さま如何お過ごしでしょうか。

「は~るよこい・・は~やくこい・・」、早く暖かくなって外で遊びたいよと言ってる女の子の歌だったと思うのですが,その先は何だったのかな・・・

春はいろんな意味で、リセット、そして始まりの時期。

心機一転、色んなことに挑戦したい気持ちが芽生えたりもします。

一見、普段と変わらない日々であっても、きっとそこには、新しい発見があるはず。

新しい本との出会いも、そのひとつですね。

 

■■ 霊魂学を読もう!  

「霊的能力の謎 - 霊能力者、霊媒の真実 -」
水波一郎著
アマゾンオンデマンド (書店からも注文できます)
ペーパーバック 162頁
http://amazon.jp/dp/4865435107/

 

 

■■ 霊魂学を学ぼう

最新刊「霊的能力の謎(霊能力者、霊媒の真実)」がAmazonで販売されています。

前回紹介した「神伝禊法」も神霊の御意志を受け、高貴な霊魂方が霊媒を通して降ろされた神秘、秘術なのです。

そして「神伝禊法」も含めた、それらの秘術、霊的修行法、霊的トレーニングは、

「端的に言えば、この世に生れて、どうしてもやらねばならない、そうでなければ生きている値打ちがない、そうしたレベルの修行なのである。」

と既に出版されている「神伝禊法」に書かれています。

さらに言えば、霊的トレーニングの実習は、この世だけでなく霊的生命体として永遠に続く人間の道なのです。

その道を地上に示される真の霊媒は、まさに人類の宝と言えますね。

さて、前述の「端的に言えば・・」の文章なのですが、「神伝禊法」の「生きる目的」の節とは別の章の別の節に書かれています。

これは個人的な見解なのですが、一見、バラバラに文章が散りばめられたように感じられるのは、物質ではない時間の流れの違う世界から、地上の言葉では説明しにくい事柄を伝えられ、それをあえて表現しようとするために、様々な角度から表現せざるを得なくなるためでもあるのではないかと思うのです。

以前にも会報で、号をはさんで一ヶ月後の会報の同じ章に続きの文章が書かれていたことがありました。

また、普通に読めば章のタイトルに添った内容が書かれているのですが、その内容は章を追うごとに神伝禊法の段階ごとの課題となっている不思議な文章もありました。

他にも、修行が深まるにつれ、初めて意味の分かる文章が多々あることは事実のようです。

もしかしたら、まだ誰も気づいていない真実が、続々と出版されている著書の中にも、ジクソーパズルのように、あちらこちらに散りばめられ隠されているのかもしれません。

どうです、一緒に真実のかけらを探し、集め、そしてそれを表現してみませんか。

 - by タニグク

 

■■ 霊魂学Q&A 聞いてみよう!

Q 修行に霊は関係ありますか。

A 修行の種類によります。

大勢の霊魂が関与する修行法とそれ程でもないものがあります。

Q どうしてですか。

A 高級霊魂は人間の自由意思を重んじます。

そのため、呼ばれると大勢来ますが、そうでないと、寄ってきません。

特に、それを拒絶する修行法の場合は、残念ながら、眺める事もあまりありません。

Q そうすると、霊を認めない人達の行なう修行には霊は寄らないのですか。

A そうとも限りません。寄らないのはあくまでも高級霊魂です。

意識の低い霊魂は人の自由意思を無視しますので、いつでも寄ってきます。

Q それでは、霊を無視する修行は危険ではありませんか。

A 危険です。

ただし、低い霊魂が来なければ問題ありません。  

Q では、高級な霊魂が大勢来てもらえると、どんな事が良いのですか。

A 多数あります。

一つ紹介すると、例えば人間の幽的な体、つまり、死後の世界で使う身体に高級な力が入るので、死後の世界では高い世界に入りやすくなります。

また、幽体が強化されると、幽体から出るオーラが強くなりますので、守護霊、指導霊とも霊的に接近します。

その他、いろいろです。

Q 修行の最中に霊が何かをするのですか。

A もちろんです。ただ見ていても意味がありません。

しかし、そのためには、単に滝に打たれるといったような単純な修行ではいけません。

霊的な指導者に作法を学ぶ必要があります。

Q それは低い霊魂に狙われて危険だからですか。

A それもありますが、作法一つにでも意味があるからです。

つまり、霊魂は物質の目を持っていません。

そのために、修行する人があまりよく見えていないのです。

ですから、手を動かしたり、言葉を出したりといった作法がないと、人間に正しく関与出来ないのです。

達人からきちんと習った作法でないと、高級霊魂の力を受ける事は出来ないのです。

 

「霊的トレーニングと霊の関係」霊をさぐる(携帯版)より
http://reisagu.blog.fc2.com/blog-entry-116.html

 

■■ スピリチャット

神伝禊法初伝・水の禊合宿。

あの夏、何もよくわからないまま、憧れの地に向かうような気持ちで出発した。

あの日の空は晴れていたのだろうか。

空気は澄んでいたのだろうか。

私、どんな服着てたんだっけ。

とにかく無事に着きますようにとばかり考えていた。

方向音痴だしな、慣れない土地だし。

そして今、目を閉じると、あの川の情景がはっきりと浮かぶ。

響き渡る拍手の音、風を切る羽根のような音。

特別な、何か特別な場所にいるんだなと感じた。

合宿が終わって、帰宅準備をしていた時、

あの川に飛んでいきたい、もう一度、あの場所に飛んでいきたい、

でも、もう誰もいないんだろうしな。

そんなことを思って、ひどく寂しかった。

自分の幽体が、あの特別な場所に戻りたがっていたのかもしれない。

けれど、その時は気づいていなかった。

私の守護霊は、ついに実現した奇跡に、

感謝し、感涙し、喜んでくれていたに違いなかったこと。

 

- by 飛び入り

 

■■ もっと探索・リンク・入会ご案内

◇◇◇水波霊魂学インターネット放送局スタート!
→http://rkgradio.net/
霊魂学をわかりやすく、オーディオでお届けします!
iTunes, Podcastからも視聴できます。
→https://itunes.apple.com/jp/podcast/shui-chang-ling-hun-xueintanetto/id1052582554

◇ 水波霊魂学 - 霊を知って人を知る
霊魂学関連HP・ブログ・動画などを一堂に集めたページです!
http://kouhou-keizankan.jp/

◇ 霊魂学と修行の会・契山館-入会ご案内
http://reikon.lar.jp/index.php?nyukai

 

■■ 編 集 後 記 

先日、10年余り前の写真を見つけてびっくり・・・自分・・・わ・わ・わかい・・・

振り返れば10年ひと昔、光陰矢の如し、などといいますが、10年という月日の中には、肉体の変化のみならず、随分と色んな出来事が詰まっているものです。

あの時の自分は、10年後の世界を、どのように想像していたのでしょう。

霊魂学・霊的修行法に出会い、霊的トレーニングを始めた方、霊的活動を始めた方、霊的に目覚めた方にとって、10年の重みは計り知れないと思います。

そして今から10年後の自分。10年後の世の中。

そこには、素晴らしい世界が出来上がっているのかもしれません。

夢のような話ですが、人々が、霊的な環境を変えうる力を求め、それを得るならば、10年という月日は、それを可能にするのかもしれません。

 

では今回は、これにて。

あなたの心に、新しい風が吹きますように、と願って。

また次回、お会いしましょう!

 

============
メールマガジン
「霊魂学カフェテリア」
発行者:契山館広報部

※ ご意見・ご感想・お問い合わせ、お待ちしております。
news@kouhou-keizankan.jp