霊魂学カフェテリア Vol. 18 - November 2016

◆◇*◆◇*◆◇*◆
  霊魂学カフェテリア
◆◇*◆◇*◆◇*◆
   November 2016

人間ってほんとは何なの?
私たちの正体って何?
----------------------------

霊魂学カフェテリアへようこそ!

霊魂学の耳より情報を、
新しい風に乗せて、お届けします!

♪ほんの少しの時間、
ひと休みしていってくださいね♪

 

【目 次】
(1)ごあいさつ
(2)霊魂学を読もう!
(3)霊魂学 de オフロード
(4)Q&A 聞いてみよう
(5)スピリチャット
(6)もっと探索-ご案内
(7)編集後記

 

■■ ごあいさつ

あっという間に今年も終盤に差し掛かり、年末の慌ただしさが、もうすぐそこの角までやってきているように感じる今日この頃。

皆様、如何お過ごしでしょうか。

世の中に暦というものがなければ、慌てることも急ぐこともなく、移り変わる季節そのものをもっと肌で感じたりするのだろうか、なんて物思いにふけったりするのですが、これも秋の空気の仕業でしょうか。

さて「霊魂学を読もう!」コーナーでは、先月号に続き「人類は消滅すべきか」を取り上げていますが、なんと、このメルマガが届くころには、次なる新刊が、発売されています。

タイトルは「霊魂に聞く- この世の人達が知っておきたい霊学宝典」

Q&A・質疑応答形式で、霊魂学初心者の方にもとてもわかりやすい本になっているようです。楽しみが増えました!

購入はアマゾンから→ http://amazon.jp/dp/4865437932/

 

■■ 霊魂学を読もう!   

「人類は消滅すべきか - 人間を救うために平凡な霊魂が立ち上がる -」
水波一郎著
アマゾンオンデマンド
ペーパーバック 158頁
http://amazon.jp/dp/4865437444/

人類を消滅させようとする霊魂がいる???

「大悪霊」「未熟な霊魂」「上の世界の霊魂」正しいのは誰?

物質の世界の人間が生き残る道とは?

霊魂達の主張を本書によって知る!

◇好評発売中です!死後の世界の住人となった主人公・剣人が遭遇する様々な出来事を通して、あなたはきっと思いもよらなかったあの世の現実を垣間見ることになるでしょう。

 

セブンさんより、読後感想文を頂きました:

「衝撃的なタイトルでした。

誰しも人間の行いは利己的で排他的であることはわかっていても、人間を制することが出来るものがいないため、言い訳をしてはやりたい放題なのが現状だ。

人間を制するものがあるとしたら、神だけなのか?そしてその者はこの世界をどう見ているのか?

常日頃誰もがふと思うことなのではないだろうか?

死後を含めた人間の存在意義について考えさせられる、これまでにない分野からの興味深い物語でした。」

 

※ 読書感想文、随時募集中!
書籍名とハンドル名、感想、コメントなど、どしどしお寄せください。
news@kouhou-keizankan.jp

 

■■ 霊魂学deオフロード 

霊的なことに関するトピックを、様々な角度からアプローチ。オフロード的で面白い、とっておきのお話をお届けします。
_____________

「原罪・過去・未来」

前回は月に住んでいると言われるウサギについて触れましたが、ウサギに関しては日本神話に因幡の白兎の話もあります。

このウサギはワニザメをだまして隠岐の島から海を渡って来たため、怒ったワニザメに毛皮をはがれ裸のウサギとなり泣いていたところを八十神に海水を浴び風に当たっていろと言われ、体が傷ついた・・・との描写があります。

水波霊魂学では人類が幽質の世界から地上に降り、肉体を纏うことになったことを原罪と呼びますが、この白兎の話も原罪を表現しているのかもしれません。

はがれた毛皮は、幽体が表面の身体ではなくなったことを表しているのでしょうか。

さて、旧約聖書において、原罪は人がヘビに騙された…となっていますが、日本神話ではワニザメを騙したことになります。

・・・騙したのはどちらなのでしょう?

どちらが真実かは置いといて、この二つの物語からは、ヘビのようなワニのようなサメのような生命体が地上に降りることに深く関与していることが読み取れます。

彼らの正体は何者なのでしょう?

そして今の人類が地上に降りた時、すでに地上にいて、ウサギに海水を浴びる(我々にとって刺激の強すぎる禊?でしょうか?)ことを勧めた八十神の正体とは・・・

また、地上に降りることが、この国の神話では原罪ではなく天孫降臨と称される意味は!!

真実は人間の正体を知る神伝の法、水波霊魂学の中にあるのです。

まずは現実を見つめ、多くの方が己の未熟さを受け入れ(原罪)一歩ずつ進歩することにより、人類の霊的な未来は明るいものになった(天孫降臨)。

となることを祈りたいものです。

そして・・・さらに・・・・禊により汚れを落とした後に生まれる三貴神。

あるいは、天孫降臨時に授けられた三種の神器。

その意味を知るものはいるのでしょうか?

何だか人間は、とっても複雑な訳ありの生命体のようですね。

が、しかし、真実を知った時、人はどうするのだろう・・

いや、その前に真実を求めるものがどれほどいるのだろうか・・・・

 

※原罪については、「神体」でも少し触れられているので、一読をお薦めします。

 

 - by タニグク

 

■■ 霊魂学Q&A 聞いてみよう!

Q:より高級で強い幽気、あるいは、幽気を越えるような霊的な気を集めることはできるのでしょうか。

A:できます。

なぜならば、人間は幽体の他にも霊的な身体を持っているからです。

霊的な身体の事は、西洋の神秘主義でも心霊研究でも、共に指摘しています。

ですが、見解は多少異なります。

神秘主義の場合は、人によっては、細かい分類をしている人もいます。

もっとも、細かいからと言って、それが正しいとは限らないところが難しいところです。

『幽体』の他にも霊的な身体があり、それは幽体よりも高貴な身体なのだそうです。

その身体を霊魂学では『霊体』と呼んでいます。

 

霊体から良好なオーラが出ますと、それに相応しい霊的な気を集める事が可能になってきます。

それを霊魂学では、『霊気』と呼んでいます。

幽体や霊体が成長し、強くなることで、より高級な霊的な気を地上に呼ぶ事が可能になるという事です。

これを電波にたとえれば、アンテナを立てることで、遠くにある放送局の電波を引くことができるという事なのです。

より高級な霊的な気を呼ぶためには、人々が幽体や霊体を成長させることが必要となります。

まず、幽体を健全にするためには、質の良い幽気が必要でした。

その質の良い幽気、それを呼ぶ為には、幽体の成長が不可欠です。

 

では、幽体の成長のためには、どうすれば良いのでしょうか。

実際のところ、人は一人一人霊的な課題を背負っているそうです。

それは人により、皆、違っています。

一人一人の顔が違うのと同じで、皆それぞれに、背負っている荷物が違うのです。

その為に、一律の教えでは課題を解決することができないのです。

課題が一律でないために、人は自分の力で自分の課題を解決すべく生まれて来ています。だからこそ、『霊的トレーニング』が必要なのです。

実は、その為に作成されたのが『神伝鎮魂法』という霊的トレーニングなのです。

 

神伝鎮魂法を実習することにより、人は幽体や霊体を成長させる事ができます。

そうすることにより、この世により高級な幽気や霊気を呼び得るようになって行きます。

すなわち、それは不道徳な霊魂が寄りにくい環境が出来て行くことであり、人々が霊的生命体として個々に成長しやすくなることなのです。

そして、意識の奥に霊的な刺激を当て、まず最初に意識の奥を変革することにより、課題を解決しやすくする霊的トレーニングが『神伝禊法』です。

霊的トレーニングは、一人一人の霊的生命体としての進歩向上の為に行ないますが、それだけではなく、結果として、この世の霊的環境を良くする事につながり、人類全体の為にも必要なものなのです。

*詳しくは『霊的トレーニング』をご参照ください。
http://reisagu.blog.fc2.com/blog-category-4.html

 

「人間に必要な高級な幽気を集めるためには」霊をさぐる(携帯版)より
http://reisagu.blog.fc2.com/blog-entry-251.html

 

■■ スピリチャット

「弱虫ハリネズミ」

心が冷たくなっていく

とげとげしたハリネズミのようだ

人の悲しみに腹を立てている

人の不幸を自業自得だと責めている

いろんなことが偽善に見える

いろんなことが虚構に思える

霊魂を認めないから

霊魂を学ばないから

霊的に目覚めないから

気が付くとそんな風に責めている

私は臆病なハリネズミ

自分が傷つかないように精一杯ハリを立てている

ほんとうは心ひらいてお話してみたい

霊魂のこと、霊的な将来のこと、今いっしょにできること

すごいねって感じたい

 

- by 飛び入り2

■■ もっと探索・リンク・入会ご案内

◇ 水波霊魂学 - 霊を知って人を知る
霊魂学関連HP・ブログ・動画などを一堂に集めたページです!
http://kouhou-keizankan.jp/

◇◇◇水波霊魂学インターネット放送局「オンエア中!」
霊魂学をわかりやすく、オーディオでお届けします!
→http://rkgradio.net/

iTunesから視聴
→ https://itunes.apple.com/jp/podcast/shui-chang-ling-hun-xueintanetto/id1052582554?mt=2&ls=1

Podcastから視聴
→ http://subscribeonandroid.com/rkgradio.net/?feed=podcast

 

◇ 霊魂学と修行の会・契山館-入会ご案内
http://reikon.lar.jp/index.php?nyukai

 

■■ 編 集 後 記 

世界の人口は、日々増え続けているようです。

世界人口時計なるものを見ていると、毎秒ごとに誕生する人数(プラス)と死亡する人数(マイナス)を合わせるとプラス約4名となるそうです。

誕生頻度が上がると同時に死亡頻度が下がり、総人口は増加する一方。

現在地上に生きている魂の数が増え続けていることは確かなようで、

それに加えて、肉体を持たない魂の数も増えているとすると、地球を住処とする人の数は・・・。

 

知人の母親が長く入院生活をすることになり、知人は毎日仕事のあと病院通いをしているのですが、

最近になって、なんだか予知能力が強くなった気がする・・などと言い出すようになり、

いつ霊魂学的突っ込みを入れようかとタイミングを狙っているところです。

何ら予備知識のない人に、突然霊魂の話を持ち出し、現実との絡みを示そうとしても、

拒絶されたり、傷つけてしまったりする可能性は高いのでしょうが、そこを何とか工夫して、

とりあえずそういうことを軽い気持ちで喜んだり、得意げになっていたりしたら危ないよ~と知らせたいのです。

 

霊魂や霊魂学のことを伝えるチャンスかな・と感じる時には、指導霊のことを思い浮かべます。

読み聞きできる言葉を自由に発信できる肉体という道具を備え持った人間の存在は、

指導霊方にとっては、(失礼な言い方ですが)喉から手が出るほどに美味しい存在になり得ると思います。

簡単なことではありませんが、自身の受信アンテナの性能が上がり、それを望むのであれば、

その時々に少しでもプラスになる言葉を発することができるようになるのでは、いえ、そうなりたいものだと、

まだまだほど遠い現状を認めながらも、なんとかもう少し、と願うのです。

 

言葉は力なり。

 

では今回は、これにて。

あなたの心に、新しい風が吹きますように、と願って。

また次回、お会いしましょう!

 

============
メールマガジン
「霊魂学カフェテリア」
発行者:契山館広報部

※ ご意見・ご感想・お問い合わせ、お待ちしております。
news@kouhou-keizankan.jp