◆◇*◆◇*◆◇*◆
霊魂学カフェテリア
◆◇*◆◇*◆◇*◆
September 2019

人間ってほんとは何なの?
私たちの正体って何?
---------------------------

霊魂学カフェテリアへようこそ!

霊魂学の耳より情報を、
新しい風に乗せて、お届けします!

♪ほんの少しの時間、
ひと休みしていってくださいね♪

 

【目 次】

(1)ごあいさつ
(2)霊魂学を読もう!
(3)スピリチャット
(4)Q&A 聞いてみよう
(5)もっと探索-ご案内
(6)あとがき

 

■■  ごあいさつ

残暑厳しい9月。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

このメルマガ送信日は10日あたり。

観測史上最大となった暴風を伴った台風15号が、関東地域を通りすぎた頃ではないかと思われます。

停電により、エアコンなどの温度調整ができず、辛い状況が続いているご家庭も多いようです。

皆さまのご無事と一刻も早い回復を願っております。

 

■■  霊魂学を読もう! 

 

◇お知らせ

水波一郎師の著書の中には、契山館が修行会員を対象に行われる、「神伝禊法」についての記述が数多くありますが、

今回、その体系が一部変更されることとなりましたので、お知らせいたします。

神伝禊法初伝→「水の禊」から「風の禊」に変更されます

神伝禊法次伝→「光の禊」は変更なしです

神伝禊法中伝→「風の禊」から「大気の禊」に変更されます

神伝禊法奥伝→「霊の禊」は変更なしです

 

水の禊をすでにご家庭で実習されている方は、そのまま続行できますが、

今後、新しく「神伝禊法初伝」を学ばれる方は、水の禊ではなく、風の禊となる予定です。

著書に記載されております「水の禊」に関する内容も、この点をご理解の上、お読みいただきますよう、お願いいたします。

 

◇ 今月の一節・ピックアップ

霊魂学シリーズと呼ばせて頂きます、水波一郎師の著書から、心に留まった一節を抜粋・掲載させていただきます。

さあ、どのタイトルからの抜粋でしょう?(答えはコーナー最後にあります)

--*--*--*--

オーラの輝き、それは、霊魂にとっての目印であり、同時に霊的な成長の証しなのである。

では、 どうすれば、 オーラが強く発するようになるのか、 もちろん、 物質の身体をいくら鍛えてみても意味はない。

また、物質の脳をいくら使ってもオーラには関係がない。

関係があるのはやはり、霊的な身体であり、霊的な意識である。

幽体や霊体、これらの身体を強化し、これらの意識を進歩させない限り、強いオーラは出ることはない。

人は霊的な努力でのみ、 オーラという目印を所持し、 進歩した霊魂の力を得、 その影響下に入ることができるのである。

 
--*--*--*--

 

◇霊魂学シリーズ、アマゾンにて好評発売中!
http://amzn.to/2DX7os6

キンドル版も続々販売中! いつでもどこでもすぐ読める、いろんな機能も使える電子書籍で霊魂学を読もう!

https://amzn.to/2NBezHq

 

※ 読後感想文、コメント大歓迎!

より多くの方に霊魂学を知って頂きたい、著書をお薦めしたいと思われる方は、是非、アマゾンのカスタマーレビューに投稿してみてください。

アマゾンのアカウントをお持ちの方ならどなたでも参加できます。

著書紹介ページにあるカスタマーレビュー(リンクは星マークの横にある数字)から、「レビューを書く」を選んでください。

 

*今月の一節は、「霊魂イエス - 下巻 10・霊魂イエス 二〇〇一、しるし」よりの抜粋でした*

 

■■  スピリチャット・霊的修行者の目 

 

「心っていつまでたってもわからない・・・」

 

心、という問題で、よく悩んできました。

 

霊魂学と、感動的な出会いをして、

もう随分と年月が過ぎました。

 

その間には、

寝食を後回しにして、霊魂学の勉強に没頭した時期があり、

日々、たくさんの霊的トレーニングを実習していた時期があり、

逆に、日常に埋もれて、霊的トレーニングに集中する元気が出なかった時期があり、

力のない自分が情けなくて、もうだめなのかなと落ち込んだ時期があり、

 

時が過ぎれば過ぎるだけ、様々な状況や状態を通りすぎるのだから、思うことも積もってきます。

 

霊的トレーニングの研修を受けることができるというのは、

その人の人生で、紛れもなく最高の出来事だと断言できます。

人類の歴史上、いったい何人の人が、霊的トレーニングに出会い、実習をし、自身の霊的身体を強化・進歩させることができるのか、

まさに幸運な海岸の砂一粒です。

 

では、霊的トレーニングを実習すれば、世間一般にいう立派な人間になれるのでしょうか。

それは、まったく別問題なのだと思わざるをえません。

ひとりひとり、思い描く理想の修行者像は違うのでしょうが、

おそらく、それぞれに、なかなか理想に届かない自分を情けなく思い、悩んでいるのではないでしょうか。

そしてそれはおそらく、霊的成長に伴わない、表面の心に振り回されているからではないのだろうか、と感じたのです。

 

今回、「霊魂学Q&A」でも紹介されていますが、

霊的成長と心の成長は、言わば別物なのだということです。

それは、自分自身の心を見つめてみれば、わかりやすいのかもしれません。

自信にあふれ、恐いものなしのようにエネルギーが湧いてくる日もあれば、世の終わりとでも言わんばかりに、落ち込んでしまう日もある。

泣いたり笑ったり怒ったり悲しんだり、とどまるところを知らず、その表情を変えていく表面の心。

それは、真面目に積み上げていく霊的トレーニングを通して、高級霊魂から力を受け、成長していく幽体や霊体とは、まったく別次元の存在だと思えるのです。

心は肉体を持つ私達の表面の意識。

だからどうしても振り回されてしまう。

制御不能の暴れ馬のような存在です。

けれども、そんな人間でも、霊魂学に出会い、

霊的トレーニングに出会ったのです。

 

強い日もあれば弱い日もあります。

きっと悩みは無くならず、答えも掴めないのでしょう。

それでも、そうした日々の中でも、

高貴な存在を思い、霊魂学を学び、霊的トレーニングを続けることさえできれば、

海岸の砂一粒でさえ、高級霊魂方の力を受け、強く輝き始めるのです。

 

 - こさんば

 

**人の心についてもっと深く理解したい方におすすめ**

「たましいの救い - 人は表面の心だけで生きてはいない」 
https://amzn.to/2lGZ207 オンデマンド・印刷本

 

 

■■  霊魂学Q&A 聞いてみよう!

何を信じるのかよりも、どう生きるか、それを大切にする人達が増えている。

しかし、その考えは霊的な成長に逆行する。

どう生きようと、それはその人の自由である。

霊的成長にとって大切なのは、本物の高級霊魂に念を発し、高級霊魂の気を吸収しうるか、あるいは、偽者の高級霊魂に念を発し、邪気を吸収してしまうか、といった点である。

「霊は語る(9)」
http://reisagu.blog.fc2.com/blog-entry-365.html

ーーーーーーーーーーーーー

「心」

 

Q: 心の成長は霊的な進歩なのでしょうか?
(この文章は監修者 水波一郎師の発言をそのまま書いています。)

A:霊的な進歩は人の目には映らない。しかし、高級な霊魂の目には明らかである。

ところが、地上の人間の心は肉体という壁により、高級な霊魂にはむしろ、分かりにくい。

そのため、高級な霊魂ほど人に霊感を送ることができない。

人間の側の霊的な進歩が必要なのである。

そのため、高級な霊魂は地上に霊的トレーニングを降ろされた。

人は、それを行なうことにより、高級霊魂と接点を持ち得る。

しかし、だからといって、表面の心は向上しない。

小学生の心が大人のそれに成ることはない。肉体の脳による心は肉体の成長と共に成長するが、霊の成長とは比例していない。 

つまり、霊的に進歩しても、地上の人間として立派に成るわけではない。

地上の人間としての進歩は、日々、日常の生活において努力するべきなのである。

ただし、地上の人間は知らねばならない。

表面の心理は深く潜在している意識の影響を受けている。

そのため、どんなに人格者と言われている人であっても、潜在している悲しい心情が浮き上がれば、犯罪的な行為をしてしまう可能性がある。

人は複合的な存在である。

そのために、心の奥を知らねば自分の本当の姿を知ることはないのである。

そのためには、過去、地上に生きた頃の自分をも知らねばならず、かつ、自分自身の心の光や闇をも知らねばならないのである。

心が進歩しても、それは地上でしか通じない。それは、地上社会の中での倫理である。

霊的な進歩は、霊的な生命体としての進歩であり、それは、人間の正体と自分自身の本当の姿を知るためのステップなのである。

霊的に進歩しても、地上の人間として立派なのではない。それは、私が神的な霊的トレーニングを指導しているのであるから明白である。

しかし、霊魂としての進歩向上は、自分自身の弱さも強さも教えてくれる。

それが新しい苦悩になっても、それを乗り越えようとするならば、未熟な我々にも神霊と呼ばれる高貴な存在は霊的な光の糸を垂らして下さる。

霊的な進歩は苦悩を乗り越えて初めて得られる。

 

「心の成長は霊的な進歩?」 霊をさぐる(携帯版)より
http://reisagu.blog.fc2.com/blog-entry-56.html

**死後の世界で使う幽体についてもっと知りたい方におすすめ**

「幽体の悲劇 - 人は幽体と共に生きている」 
https://amzn.to/2YAwSli オンデマンド・印刷本
https://amzn.to/2YpDqbe キンドル版

** ** ** ** ** 

 

■■  もっと探索・リンク・入会ご案内

◇ 水波霊魂学 - 霊を知って人を知る
霊魂学関連HP・ブログ・動画などを一堂に集めたページです!
メルマガ・バックナンバーも掲載中。
https://www.kouhou-keizankan.jp/

◆ 水波霊魂学が案内する霊魂研究への旅
→ URL:http://reikonkenkyu.hatenablog.jp

◇ 霊魂学と修行の会・契山館-入会ご案内
http://reikon.lar.jp/index.php?nyukai

 

■■  あ と が き 

ここまでメルマガをお読み頂き、ありがとうございます。

先月号のメルマガ、「スピリチャット」の中で、

「心が騒いで静まらない」
「追い立てられるような切迫感」

という表現があったせいか、

「イライラを消す休み方」

とか、

「人間関係、信頼関係を築く方法」

などといった本がありますよ~といったお薦めを頂きました。

 

あ~、そういう風に受け取られるんだなぁ・・・

確かに一理ありますよね。

 

日常のほとんどのことには、何等かの答えや対処法が示されています。

人間って、頭いいし、研究熱心だから、どんな問題も自力で解決しちゃおうと努力します。

 

そして、ほとんどのことは、解決されていくのです。

それはそれで、喜ばしいことなのでしょう。

 

が、

 

ただひとつ、

 

最大にして最悪な人間の欠点、

大きく抜け落ちている点があることに、人はなかなか気づくことができません。

 

それは、

人間が霊的生命体である

ということ。

 

霊的な世界や霊的な影響、霊的な現実を抜きにしては、

なにひとつ、解決しきることはなく、

結論に到達することもないということ。

 

これは、どうしても避けて通ることはできない問題点です。

 

最先端の科学やテクノロジーに相反するかのようなポジションにあるために、

軽視されたり、批判されたりしやすい霊的分野。

 

けれども、それを追及することは、現実逃避でも退行でもなく、

真に人類の進歩発展につながる道であるということに気づくこと。

 

それが、最初の一歩となるのでしょう。

 

では今回は、これにて。

あなたの心に、新しい風が吹きますように、と願って。

また次回、お会いしましょう!

 

============
メールマガジン
「霊魂学カフェテリア」
発行者:契山館広報部

※ ご意見・ご感想・お問い合わせ、お待ちしております。
news@kouhou-keizankan.jp