◆◇*◆◇*◆◇*◆
霊魂学カフェテリア
◆◇*◆◇*◆◇*◆
May 2020

人間ってほんとは何なの?
私たちの正体って何?
---------------------------

霊魂学カフェテリアへようこそ!

霊魂学の耳より情報を、
新しい風に乗せて、お届けします!

♪ほんの少しの時間、
ひと休みしていってくださいね♪

 

【目 次】

(1)ごあいさつ
(2)霊魂学を読もう!
(3)Q&A 聞いてみよう
(4)スピリチャット・霊的修行者の目
(5)霊魂学・CM/PR動画のご紹介
(6)もっと探索-ご案内
(7)あとがき

 

■■  ごあいさつ

コロナウイルス感染状況を、毎朝欠かさずニュースでチェックし始めて、1か月が過ぎました。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

誰もが、これほどまでに日常が激変するとは想像もしていなかったであろう出来事。

ひとりひとりが受ける影響や、置かれた状況は違うにせよ、

この世界に生きる私たちが、

考え直す必要のあることが、たくさん浮かび上がってきます。

霊的な事もまた、そのひとつです。

 

■■  霊魂学を読もう! 

新刊発売!

「守護霊の真実 -霊魂同士の対決-」
https://amzn.to/2KPMpcr(キンドル・電子書籍版
https://amzn.to/3f6wu7H(オンデマンド・印刷本

 

人間にとって、守護霊という存在は、もっとも身近に感じていたい存在。

この世に生まれる少し前から、今に至るまで、ずっとそばで力を尽くして下さっている存在。

自分のことを、他の誰よりも知り、最善を望んでくださる存在。

 

と思っていたら・・・

 

「守護霊の真実 -霊魂同士の対決-」
https://amzn.to/2KPMpcr(キンドル・電子書籍版
https://amzn.to/3f6wu7H(オンデマンド・印刷本)5月18日発売予定

 

◇ 今月の一節・ピックアップ

霊魂学シリーズと呼ばせて頂きます、水波一郎師の著書から、心に留まった一節を抜粋・掲載させていただきます。

さあ、どのタイトルからの抜粋でしょう?(答えはコーナー最後にあります)

--*--*--*--
上位の霊魂は言いました。

「私たちは基本的に、担当する人間の意思を無視して、意識に干渉する事はできません。

ですが、だからといって、人間が神霊を侮辱するのは間違いです。

人間が神霊という存在を無視するのであれば、霊魂は人間の尊厳を尊重しません。

仮に、それが正しくないとしても、そんな事は構いません。

神霊の敵は高級霊魂の敵だからです。

人間は霊魂を無視します。

そして、霊魂が仕える神霊を侮辱します。

そうであれば、私達霊魂は、人間に権利など認めません。

敵だからです。

あなた達は最善の努力をしました。

責められる事は何もありません。

私でも貴方と同じ事をしたと思います。

--*--*--*--

 

◇霊魂学シリーズ、アマゾンにて好評発売中!
http://amzn.to/2DX7os6

キンドル電子書籍版も続々販売中! いつでもどこでもすぐ読める、いろんな機能も使える電子書籍で霊魂学を読もう!

https://amzn.to/2NBezHq

 

※ 読後感想文、コメント大歓迎!

より多くの方に霊魂学を知って頂きたい、著書をお薦めしたいと思われる方は、是非、アマゾンのカスタマーレビューに投稿してみてください。

アマゾンのアカウントをお持ちの方ならどなたでも参加できます。

著書紹介ページにあるカスタマーレビュー(リンクは星マークの横にある数字)から、「レビューを書く」を選んでください。

 

*今月の一節は、「守護霊の真実 - 霊魂同士の戦い -」よりの抜粋でした*

https://amzn.to/2KPMpcr(キンドル・電子書籍版
https://amzn.to/3f6wu7H(オンデマンド・印刷本)5月18日発売予定

 

■■  霊魂学Q&A 聞いてみよう!

何を信じるのかよりも、どう生きるか、それを大切にする人達が増えている。

しかし、その考えは霊的な成長に逆行する。

どう生きようと、それはその人の自由である。

霊的成長にとって大切なのは、本物の高級霊魂に念を発し、高級霊魂の気を吸収しうるか、あるいは、偽者の高級霊魂に念を発し、邪気を吸収してしまうか、といった点である。

「霊は語る(9)」
http://reisagu.blog.fc2.com/blog-entry-365.html

ーーーーーーーーーーーーー

「霊魂学 人の想念そして質についての考察」

(この文章は監修者 水波一郎師の発言をそのまま書いています)

 

人の思いは想念として外部に出る。

これは、超能力を認める人なら信じ得ることであろう。

実際、念力やテレパシーと呼ばれるものを、自分で実験してみた人もいらっしゃることと思う。

明らかに実証された、とまでは行かなくても、偶然よりは高い確率で実験が終わったという人も多いに違いない。

霊魂学の立場からいうと、人の思いは他の人の元へ飛んで行く。

これを否定する場合は、宗教における祈りを全て否定しなければならない。

神や仏に祈るという行為は、人の思いが自分から外部へ伝わることを前提にしなければ成り立たない行為なのである。

 

霊魂学ではこの想念を重視する。

そして、念の力の強弱も大切であるが、同時に、念には霊的な質の高低があると主張するのである。

つまり、高級な質を持つ念は高級な霊魂に届き得ると言う。

そうなると、高級な質を持っていなければ、その祈りは神や仏はおろか、高級な霊魂にすら届かないということになる。

これが、霊魂からの通信によれば、真実なのである。

 

そうなると、人はどうすれば高級な念を発し得るのかを知らねばならない。

笑いとか怒りとかいった、単なる感情の表現が霊的な質の高低とは無関係であることは言うまでもない。

もっと、根本的な質の違いがあるのである。

それは、あたかも、テレビやラジオのチャンネルのようなものである。

たとえ、どんな性質の放送をしていようと、国営放送は国営放送の周波数でしか見られない。

つまり、怒っていようと笑っていようと、問題はその念が出てくる元の質なのである。

 

つまり、一般人が愛を心に抱いていても、だからといって、黙っていて何の感情も発しておられないお釈迦様よりも、念の質が高いなどということはないのである。

 

では、質の高い念とは何か。それが問題なのである。

質の高い念、それは、人間的な感情や心理の状態によるのではなく、霊的な身体の質にふさわしい念の質なのである。

人の脳がいくら愛を考えてみても、それは肉の防御本能や自己保存、母性本能などに根差しており、神的な愛には根差してはいない。

それが、肉を持つということなのである。

一方、肉を捨て、食事に縛られなくなった自由な魂達は、愛も憎悪も肉体に縛られることがない、そのために、地上にいた頃よりも遥かに強大な愛や憎悪を持っている。

よって、地上の人間がどんなに愛情豊かといっても、高級霊魂のそれよりも格段劣るのであるし、また、どんなに邪悪な人間といっても、邪霊に比べれば赤ん坊同然なのである。

そのため、地上のどんな立派な人間であっても、実はなかなか高級霊魂に思いが届くことはなく、どんなに悪い人間であっても、邪霊に思いが届くなどということはないのである。

霊的な真実は奥が深く、かつ神秘的である。

しょせん、これまでの宗教や神秘学が主張してきたことは、幼児に対するおとぎ話であり、真実そのものからは遠いのである。

真の高級霊魂は今、初めて真実を出そうとしている。

ただし、それは、霊的身体を成長させなければ、教わることができない。

準備ができない者に真実が示されることはない。

それが、霊的世界のルールなのである。

 

『求めよ、さらば与えられん。』

 

「霊魂学 想念そして質についての考察」 霊をさぐる(携帯版)より
http://reisagu.blog.fc2.com/blog-entry-112.html

 

**人の念と霊魂について、もっと知りたい方におすすめ**

「守護霊の真実 -霊魂同士の対決-」
https://amzn.to/2KPMpcr(キンドル・電子書籍版
https://amzn.to/3f6wu7H(オンデマンド・印刷本)5月18日発売予定

 

** ** ** ** ** 

 

■■  スピリチャット・霊的修行者の目

 

『別れ道』

 

日本という国は、

現在、世界に存在する195の国々の中で、

あらゆる分野においてトップクラスの国だといえます。

 

昭和後期から平成・令和と、戦争や暴動、大きな社会問題が、世界的なニュースとなって騒がれることはありませんでした。

 

東日本大震災という大変な試練の時も、

世界中に流れた映像に映し出された日本人の印象は、

冷静、従順、礼儀正しさ、思いやり、といったものでした。

 

海外から見れば、

日本は、平和な国、穏やかな国、一度は訪れてみたい素敵な国、なのです。

 

そして日本を旅行して戻ってきた人たちは、大抵、また行きたい、と言います。

それは訪れた先々で、

美味しい料理に出会い、綺麗な景色に出会い、親切な人たちに出会ったからです。

 

静寂な古都の佇まい、威風堂々たる大仏の姿、高嶺に輝く雪。

そこに、人々は、日本人の内に秘められているに違いない、強い精神を感じるのです。

 

今回のパンデミックは、

人々の内面を、浮かび上がらせる機会となりました。

初期の動揺や混乱を経て、

今、各々の判断と決断が求められる時期に入っているのです。

 

今後、この事態をどのように受け止め、行動していくのか、

あるいは、すべてが忘却の彼方に消え去り、無感情な歴史のひとコマと化すのか。

 

もし今、

日本に暮らす人々が、

この国に息づく真の力に気づくなら、

やがて社会が崩壊し、

国が衰退し、

世界が滅亡の危機に脅かされるときが来るとしても、

 

己の真の姿、そのたましいは、

本来のかえり道を見つけ出し、

救われる勇気を持てるのかもしれません。

 

 - こさんば

 

■■  霊魂学・CM/PR動画のご紹介

高級霊魂方と地上のエキスパート霊媒・水波一郎師のコラボレーションにより

続々と出版される霊魂学シリーズ。

 

ひとりでも多くの方に読んで頂きたい、

そういう思いを込めて、契山館広報部員が、

書籍紹介・霊魂学関連動画を作成しています。

 

「百聞は一見に如かず」

 

ぜひご覧頂き、一番興味を引かれるタイトルから、

更に深読みして頂けることを願っています。

_____________

水波霊魂学チャンネル by 契山館広報部

動画一覧へのリンク https://bit.ly/2PbCuj2

 

*チャンネル登録
*高評価
*コメント・質問など

よろしくお願いします!

 

■■  もっと探索・リンク・入会ご案内

◇ 水波霊魂学 - 霊を知って人を知る
霊魂学関連HP・ブログ・動画などを一堂に集めたページです!
メルマガ・バックナンバーも掲載中。
https://www.kouhou-keizankan.jp/

◆ 水波霊魂学が案内する霊魂研究への旅
http://reikonkenkyu.hatenablog.jp

◇ 霊魂学と修行の会・契山館-入会ご案内
http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/keizankan.htm

 

■■  あ と が き 

ここまでメルマガをお読み頂き、ありがとうございます。

 

ここ数週間、

生活のリズムが変わって、なんとなく行き場を失ったような、

何も手につかないような状態になったり、

心身ともに、不安定になって

体調まで崩してしまうという話をよく聞きます。

肉体には、ある程度、決まったスケジュールというものが必要なのでしょう。

 

特に体調に問題がないのであれば、

毎朝何時に起床し、午前中にはこれとこれを済ませ、

お昼休みを取り、午後にはこれとこれを済ませる、

といったおおまかなスケジュールを維持するほうが、

健康的なのかもしれませんね。

 

霊的修行や活動のスケジュールも、

継続できるように、工夫する必要がありそうです。

気力が落ちたり、なぜか落ち着かなかったり、

いろいろと思いもよらない変化や影響が見えてくる時期だと思います。

そういう時は、守護霊・指導霊、高級なことに気持ちを向ける。

そして、霊魂学の本を手にしたり、契山館関連のサイトや掲示板をのぞいたりしてみてください。

 

そんなことしたって・・・と思ってしまう前に、ぜひぜひ手を動かしてみてくださいね。

動いてみてわかることが、きっとたくさんあると思います。

皆様のご無事を祈っています。

 

では今回は、これにて。

あなたの心に、新しい風が吹きますように、と願って。

また次回、お会いしましょう!

 

============
メールマガジン
「霊魂学カフェテリア」
発行者:契山館広報部

※ ご意見・ご感想・お問い合わせ、お待ちしております。
news@kouhou-keizankan.jp