◆◇*◆◇*◆◇*◆
  霊魂学カフェテリア
◆◇*◆◇*◆◇*◆
      May 2021

人間ってほんとは何なの?
私たちの正体って何?
---------------------------

霊魂学カフェテリアへようこそ!

霊魂学の耳より情報を、
新しい風に乗せて、お届けします!

♪ほんの少しの時間、
ひと休みしていってくださいね♪

 

【目 次】

(1)ごあいさつ
(2)霊魂学を読もう!
(3)Q&A 聞いてみよう
(4)霊魂学徒の考察
(5)霊魂学・CM/PR動画のご紹介
(6)もっと探索-ご案内
(7)あとがき

■■  ごあいさつ

赤紫のパっと目立つ、ツツジの花を街頭で見かけるようになりました。

学生でいえば一つ学年が上がったり、社会人でいえば職場が異動したりといった生活環境が変化して、少し落ち着きつつあるそんな時期に、この花を見ているようなイメージがあります。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

様々に変わる社会情勢には抗えませんが、

霊的事情は、私たちの歩みでいかようにも変化する可能性を秘めているように思います。

高級な霊魂と繋がればこそ、無限の広がりを持つ。

ならば、決して力なき私たちではないかもしれません。

 

■■  霊魂学を読もう! 

「神伝禊法 改訂版」

「言葉で知る世界は、しょせん小さい。言葉はこの世でしか通用しない。

言葉にできない世界が高級霊魂の世界なのである。

読者には、理屈を超えた世界が先に広がっている、そう思っていただければ充分である。」 

「第5章六・神の行」より。

 

日常生活では、私たちは、人の言葉を聞き、理解し、言葉を発しています。

意識していなくても、常に頭を使っています。

ですが、霊魂学の世界は、頭で考えて分かるものではないのですよね。

日ごろ使う頭はどこかに置いて、霊魂学の世界に浸ってみませんか?

 

https://amzn.to/3gGXVbd
(オンデマンド・印刷本)
https://amzn.to/3niVooO
(キンドル・電子書籍版)

 

◇ 今月の一節・ピックアップ

霊魂学シリーズと呼ばせていただきます、水波一郎師の著書から、心に留まった一節を抜粋・掲載いたします。

さあ、どのタイトルからの抜粋でしょう?(答えはコーナー最後にあります)

--*--*--*--

人は神様の前では、どんなに偉い人であっても、頭を下げるしかない。

そうであれば、しょせん、人間は人間でしかなく、偉そうにしていても、たかが知れている。

殿様の為に死ぬのが武士道だとすれば、神様の為に生きるのが、人の道だ。

--*--*--*--

◇霊魂学シリーズ、アマゾンにて好評発売中!
http://amzn.to/2DX7os6

キンドル電子書籍版も続々販売中! 

いつでもどこでもすぐ読める、いろんな機能も使える電子書籍で霊魂学を読もう!

https://amzn.to/2NBezHq

 

※ 読後感想文、コメント大歓迎!

より多くの方に霊魂学を知って頂きたい、著書をお薦めしたいと思われる方は、是非、アマゾンのカスタマーレビューに投稿してみてください。

アマゾンのアカウントをお持ちの方ならどなたでも参加できます。

著書紹介ページにあるカスタマーレビュー(リンクは星マークの横にある数字)をクリックし、「レビューを書く」を選んでください。

 

*今月の一節は、「霊的な小説1 仮想の剣 霊の剣」 
〈 霊の剣 〉 六 立山の祭り からの抜粋でした*

https://amzn.to/3tRm2b5
(オンデマンド・印刷本)
https://amzn.to/3aCrDu1
(キンドル・電子書籍版)

 

■■  霊魂学Q&A 聞いてみよう!

霊魂学最前線「水波霊魂学の基礎知識」
〈1死後の世界の光景〉からの抜粋です。

ーーーーーーーーーーーーー

Q 景色はどのようになっていますか?

A 景色については考える必要はありません。

 死後、最初に入る世界は水波霊魂学で言う幽質の世界です。

幽質は物理用語ではありません。霊魂学の用語です。

 幽質は念で変化する世界です。

 ですから、○○地区はビルが多いとか、△△地区は砂漠だとか、そうした事にはなりません。

 基本的には先住民が念によって作り出した世界ですから、いろいろに変化します。

 誰かが念で道路を作っても、しばらくすると、別の霊魂が川に変えてしまいます。

 ですから、地域によって景色が異なるのではなく、常に変化しているのです。

Q 入った世界が輝いていたら、上の世界に入った、という事なのですか?

A いいえ、違います。

 他界した人の幽体が住みやすい世界に入りますから、そこは、その人の幽体の視力に適した世界です。

 上の世界に入るような人は、それに適した幽体の目を持っています。

 上の世界に入っても、ことさら眩しいとは感じません。下の世界の場合も同じです。

 下の世界に適した目ですから、暗くて見えない、という事はないようです。

ーーーーーーーーーーーーー

私達に深く関わる霊的事実、刻々と変わっていく霊的状況を、

最前線で活動する霊魂方の協力を得て発信します。

下のリンクからご覧ください。

「霊魂学最前線 - 今、高級霊魂があなたに語る - 」
https://keizankan.com/saizensen/

 

■■  霊魂学徒の考察

日々の生活の中で感じたことや思ったこと、ひとりの霊魂学徒が、個人的な思いを表現するコーナーです。
ーーーーーーーーーーーーー

 

『シンプルになった生活サイクル』

コロナ禍で生活サイクルが変わりました。

私にとって大きな変化といえば、飲み会がなくなったことでしょうか。

集まりに規制がかかった当初は、人と会えないことに対する人恋しさや、ストレス発散になっていた、そうした集まりがなくなったことに戸惑いました。

でも、今は、「なにも無い」ことに慣れてきたのか、どうということもないような気さえしてきました。

交流することで広がる人間関係に助けられることもありますので、飲み会すべてを否定するわけではありません。

しかし、断り切れないものにムダに費やしていた時間がカットされシンプルになったように感じます。

とはいえ、早く帰宅できても、結局、ネットドラマやYouTubeを見る頻度が増えているようなので、相変らず模範的な生活スタイルとはいえないかもしれませんが・・・。

世の中に流れる情報を見れば見るほど、何を信じてよいのやら、何が本当なのやらと不安になってしまう私ですが、とりあえず、今日すべきことは今日済ますこと。

そして、修行一つをしっかり向き合おう。そんな風に思うこのごろです。

 
mimi

 

■■  霊魂学・CM/PR動画のご紹介

高級霊魂方と地上の霊媒・水波一郎師のコラボレーションにより

続々と出版される霊魂学シリーズ。

ひとりでも多くの方に読んでいただきたい、

そういう思いを込めて、契山館広報部員が、

書籍紹介及び、霊魂学関連の動画を作成しています。

「百聞は一見に如かず」

ぜひご覧ください。

そして、水波霊魂学について、少しでも知っていただければと願っています。

_____________

水波霊魂学チャンネル by 契山館広報部

動画一覧へのリンク https://bit.ly/2PbCuj2

 

*チャンネル登録
*高評価・いいねボタン
*コメント・質問など

よろしくお願いします!

 

■■  もっと探索・リンク・入会ご案内

◆ 一般社団法人契山館のオフィシャルHPはこちら
https://keizankan.com/

◆ 霊魂学最前線 - 今、高級霊魂があなたに語る -
https://keizankan.com/saizensen/

◇ 水波霊魂学徒による広報サイト
霊魂学関連HP・ブログ・動画などを一堂に集めた広報部HPです。
メルマガ・バックナンバーも掲載中。
https://www.kouhou-keizankan.jp/

◇ 水波霊魂学が案内する霊魂研究への旅
http://reikonkenkyu.hatenablog.jp

 

■■  あ と が き 

ここまでメルマガをお読み頂き、ありがとうございます。

霊魂学の著書は、読みながら気付く言葉があったり、

あとからゆっくりと自分の何かが満たされていくように感じることもあります。

ちょっとした自分の時間の中で、霊魂学の本を開く。

そんなキッカケになるような紙面づくりをしたいと思います。

 

では今回は、これにて。

あなたの心に、新しい風が吹きますように、と願って。

また次回、お会いしましょう!

 

============
メールマガジン
「霊魂学カフェテリア」
発行者:一般社団法人契山館広報部

※ ご意見・ご感想・お問い合わせ、お待ちしております。
news@kouhou-keizankan.jp