水波霊魂学

霊媒 水波一郎師が高級な霊魂方から受けた通信が大量にあり、それが水波霊魂学の内容です。

 

水波霊魂学を知ることにより、人が死んだ後に入る死後の世界について概略を知ることができます。

 

霊魂が地上で人間の人生に関わっている事、更には、人間が地上に生きている時には霊的な身体を持っている事など、たくさんの事が分かります。

 

【水波霊魂学早わかりはこちら】

 

水波一郎師監修 霊に関する総合知識サイト

【霊をさぐる】

バナー;霊をさぐる

霊魂からの通信とは

霊魂というのは、元は私達と同じ人間なのです。

つまり、人間はすでに死後に使用する霊魂としての身体を持っていると いう事なのです。

 

霊魂は霊的な身体で見たり聞いたりして、霊魂同士のコミュニケーションを取っています。これは人間が肉体を持って生きているのと同じこと で、霊魂は霊的な身体を持って生活しているのです。

 

その霊的な身体を霊魂学では幽体と呼びます。

幽体で生きている人間が霊魂なのです。

 

幽体で生きている私達の先祖であり先輩でもある霊魂が、どのようにしたら自分達の考えを私達に伝える事が出来るのでしょうか。

その方法が分かれば霊魂と通信することが出来るのです。そして、その方法を会得した人が水波師なのです。

Copyright(c) 2015 Keizankan Kouhoubu. All Rights Reserved. Design by http://www.kouhou-keizankan.jp